2009年12月19日

乳製品のヒミツ

此処の所、豆乳の話しばかりだったので、今日は乳製品の話しです

ビィは豆乳パンの専門店じゃ無いので乳製品も使います

牛乳は勿論、濃縮乳、クリーム、練乳とコンパウンドを使っています

濃縮乳とは、普通の牛乳より乳性分を濃くした加工乳です

濃縮乳を練り込む事で、牛乳より少量で風味豊かな生地が出来ます

コンパウンドとは、マーガリンにバターをミックスした油脂です

マーガリンの利便性とバターの風味を併せ持った油脂で、あえてバターは使っていません

さて、パン作りに詳しい方なら気づいていますよね

ビィでは、パン屋が普通に使っている脱脂粉乳を使っていません

どうしてか?

理由は簡単、単体で食べて美味しくないからと、牛乳が粉末状態になっている事自体が不自然に思えるからです

美味しくない、不自然、体に良く無さそう

この様な食材はビィでは使っていません

美味しい物を組み合わせて、素材本来の美味しさを引き出すようにしたいからです

家族に安心して食べさせられるパンを作りたいからです

だから、ビィのパンは乳製品を最低限しか使っていません

沢山使えば牛乳好きの方には受けると思います

しかし、日本人の体の構造上、乳製品の取り過ぎは良くないのです

ご存知のように日本人の腸は欧米人に比べて長くなっています

乳製品を取り過ぎると腸に貯まっていくらしいんです

この貯まった物が発酵して有害な物質に変わると言う事です

美味しいのに取り過ぎると体に悪いのなら、せめてパンだけでも最小限に抑えれば少しは良いのでは?

と、言う考えで作っています

バターや牛乳を沢山使ったパンは美味しい

しかし、それに変わる素材でより美味しいパンが出来れば理想的だと思いませんか

posted by bee at 20:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいよ!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

焼きたてパンが食べたい?

う〜さぶい

大阪は雪が降りそうや

う〜さぶいよ〜

こんな日は、パンの発酵が遅くなって嫌じゃ〜

寒い日に、焼きたてパンは如何ですか?

美味しいですよね

しかーし

常に焼き立てが有るパン屋って少ないですよね

ビィでも常に焼きたてと思うのですが中々難しいのが現実です

そこで、美味しい菓子パンの食べ方です

簡単に言うとオーブントースターで焼く!!

これだけの事なんですが、どうしても焦げやすいんですね

そこでアルミホイルに包んで焼いてみて下さい

暖まったらホイルから出してもう少し焼いてください

ちょっと手間ですが焼き立てに近い美味しさが味わえますよ

但し、この方法はアンパンやクリームパン、メロンパンのような菓子パンと惣菜パンのみに使える方法です

チョコをコーティングしたパンやバタークリーム、生クリーム等を使ったパンには向きません

コーティングチョコは焦げます

バタークリームや生クリームは解けてひどい事になりますのでお薦めできません

あと、決して電子レンジでチンはしないで下さい

ふにゃふにゃの不味いパンになってしまいます

これからの寒い日、暖かいパンで暖まって下さい
posted by bee at 21:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいよ!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

パン食ダイエットのすすめ

先日紹介しました五穀食パンですが、お客さんの話ではダイエットに効きそうと話していました

ビィの五穀パンはもちもち系です

もちもち系のパンは噛む回数が増えます

もちもち食感のパンに穀物が入る事でより多く噛む事になります

この「噛む」って行為で普段より少ない量でも満足感を得られるのです

穀物をプラスすることで満腹感も得られ「腹持ち」が格段に向上します

さらにビィの五穀食パンは、「油脂、卵、乳製品不使用」なので大幅なカロリーカットにもなっています

お客さんからも「体の調子がエエわ〜」と喜ばれています

体に良いだけじゃなく美味しいから買って行ってくれる方も多いですよ

美味しいダイエットブレッド

気になる方はこちらまで

Bakery Bee
posted by bee at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいよ!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

パンのミミ

久しぶりの更新です

食パンのミミって好きですか?

食パンに限らず、パンは色んな材料から出来ています

砂糖と塩、バターや卵、ミルク等その店によって色々ですが素材の持ち味が集まって、1つのパンが生まれます

菓子パンも調理パンも食パンも、パンは狐色が基本ですね

狐色の部分がミミになる訳ですが、この部分が実は栄養の宝庫なんです

約200度のオーブンで30分以上焼かれる食パン

周りの方からじわりじわりと焼かれていく食パン

実はこの時、パン生地の素材が分子レベルで最終的に一体化しています

しかし、全てが均一に一体化出来ないんですね

で、一体化出来なかった糖分や油分がパンの周りに集まる訳です

つまり、パンのミミは栄養のかたまり状態になっているのです

手作り食パンのミミが美味い理由ですね
posted by bee at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいよ!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。