2010年01月06日

パン作ってます?

お客さんから時々こんな質問を頂きます

「家でパン作っても、お店で売ってるようなパンが出来へんねん。どないしたらエエやろ?」

パン好きのお客さんにとって、プロと同じレベルのパンを作れれば!!!と、考えてしまうんでしょうね

100%無理な話では無いのですが、かなり難しい事なんですね

家庭で作るパンと、我々パン屋との一番の差は作る量なんです

1回に仕込む量がベーカーズパーセントで1キロ単位で仕込みます

ベーカーズパーセントって言うのは、小麦粉100%を基準に各材料をパーセントで表したレシピ表の事です

で、1キロの粉に対して例えば塩を12グラム配合したりします

13グラムでも11グラムでもありません

12グラムでベストな生地になる配合なんですね

さてこの12グラム

パーセントで1.2パーセント

100グラムの粉の場合1.2グラムって意味ですよ

家庭の秤で正確に1.2グラム測れる場合、かなり店で売っているパンに近いものが出来ます

しかし、ここまで高精度の秤って普通の家庭では使っていないと思いますし、買うのも数万円しますのでもったいない話しだと思います

そこで、パン屋さんの味に近づけるのではなく、家パンをおすすめします

家パン=家庭の味のパンならそれほどシビアな計量をしなくてもパン作りの基本さえ押さえていれば十分美味しいパンが出来ると思います

次回は、パン作りのポイントについて書きますね
posted by bee at 19:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パンのコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。