2010年04月24日

ミクシー始めました

お久しぶりの書き込みです
(毎回こればっかりやね)

え〜今更ながらですがミクシー始めました

システムを理解するのに長い時間掛かりました

ミクシーをしている読者様!

マイミクになって頂けませんか?

ミクシーのキーワードは

「ベーカリービィ」

です

マイミクになって頂ければ、パン作りの質問お答え易いと思います

ま〜今更ながらのミクシーですが、宜しくお願いします
posted by bee at 21:08| 大阪 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

春の新作パン

パン作りのコツ更新が遅れてすみません

春の新作パンを作っているので次の項に手が付けられない状態です

新作パンですが、

よもぎあんぱん こしあん入り

さくらもちあんぱん つぶ餡入りさくらもちをパン生地で包んでいます

みるくこーひー カフェオレ風のパンにベルギーチョコのクリームを絞っています

ベリー・ベリー ストロベリーを織り込んだ生地にブルーベリーをトッピング

ブルーベリーチーズ ブルーベリーとカッテージチーズを包餡した生地を型に入れてカットして、さらにカッテージチーズをトッピング

他にも有りますがこの中で最後のブルーベリーとカッテージチーズのパンが特にお薦めです

ブルーベリーとチーズの組み合わせって美味しいですよね

よくあるのがクリームチーズとの組み合わせですが、私はカッテージチーズと合わせました

理由は「カッテージって自分で作れるから」です

そうです

自家製チーズとブルーベリーのパンなんです

賞味期間は短いチーズですが、毎日でも仕込める位簡単に出来るので常に新鮮なチーズをお客様に食べて頂けます

このチーズの作り方は後日アップさせて頂きますね


大阪は桜も咲きましたが、今日はちょっと寒かったですね

しかし、確実に暖かくなってきてます

パン作りに適した時期がやってきました

家パンも冬場より美味しいパンが作れますよ
posted by bee at 21:28| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

もう直ぐ再開しますよ

やっと、や〜と確定申告の書類が出来まして、後は提出するだけです

いや〜、毎年おろおろしながら書類を作っています

弥生を導入すれば早いのでしょうが、予算の問題で未だです

ブログもそろそろ再開していきますね

パン作りも再開しますので御期待下さい
posted by bee at 20:49| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

バレンタインやね!!

久々の書き込みです

本当は、パン作りを書き込んでたのですが、2月分が消えまして(多分私のミスです)呆然となり、気が付けばバレンタインのメニューを作らなあかんしでバタバタしてます

今年のバレンタインメニューはチョコロールケーキです

ビィの一番人気メニューのロールケーキのチョコバージョンやね

ココアスポンジで生クリームを巻いて、チョコでコーティングしてホワイトチョコで線描きして1ピース130円

これ、美味いよ〜

スポンジにココアを入れたことで凄い口解けの良いケーキになりました

ベーキングパウダーを使っていないので、ふわふわしっとり感も最高です(BPを使うと膨らは良いですが硬くなります)

バレンタイン限定の予定です

お買い求めはお早めにお願いしますね

パン作りの方遅れてすみません

近々再開予定です
posted by bee at 21:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

ガス抜きの必要性

1次発酵の途中で行うガス抜き

プロはガス抜きの事を「パンチ」って言います

ガス抜きを行う事を「パンチを入れる」って言いますが、実際にバシバシ叩いたりはしません

この「パンチ」ですが、全ての生地には入れません

ハード系と食パンの一部で入れます

どうして「パンチを入れたり入れなかったりするのか」と言うと、ボリュームの出難い生地に入れると思ってください

フランスパンを例に取ると、パンチを入れなかった場合には「クープ(切れ目)」が出ません

焼き上がっても、「腰」が低く色の悪いパンになります

食パンでも同じです

釜伸びの無い口当たりの悪い物になります

先日も書きましたが「パンチ」を入れると生地が締り、イーストの働きも活発になることで理想的なパンのなります

さて、何度かパンを手作りした方は、どんな風に「パンチ」を入れてますか?

じつは、パンチの入れ方1つでパンの美味しさが違ってきます

此処からは、私のパンチの入れ方です

有る程度発酵した生地を作業台に取り出します

この時、発酵で出来た気泡をなるべく潰さない様にしましょう

取り出した生地を三つ折にして、全体を両手の平で伸ばすようにしながらガスを抜きます

三つ折とは、生地の3分の1ずつを重ねるようにすることです

生地を3層にするのですね

ガスを抜いたら、もう一度三つ折にしてガス抜き

生地に締りが少ないと感じたらもう一度三つ折とガス抜きをします

ここで1番重要なのが、パンチは均一な力で入れる事と、ガスを残さない事の2点です

三つ折を繰り返す事でこの2点は高確率で解消されますが、不十分なパンチの場合は、確実に焼き上がりが悪くなります

パンチ1つで美味しさに大きな違いが出ますので、気を抜かずにガスを抜いてください(シャレや無いよ)
posted by bee at 20:29| 大阪 | Comment(1) | TrackBack(0) | お家でパン作り 実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。